SCROLL
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s
CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s

CITIZEN Crystron 150m Diver QZ 1980s

通常価格
¥72,000
販売価格
¥72,000
通常価格
単価
あたり 
tax in

ソード型の大振りな時針が特徴的なシチズンのヴィンテージダイバーです。

「クリストロン」は1970年代のシチズンのクォーツ時計に付けられた名称で、様々なモデルが販売されていました。

この時計はクリストロンの150m防水仕様の本格的なダイバーウォッチとして生産されました。

セイコーダイバーの人気から、シチズンのダイバーウォッチも徐々に注目され始めています。

特に自動巻きの「チャレンジダイバー」はこういった逸話があり、特に人気があります。

 

『1983年、オーストラリアのロングリーフビーチで発見された、CITIZENの自動巻きダイバーズウォッチ「チャレンジダイバー」。海底で発見されたときにはフジツボで覆われながらも、なんと波の揺れでゼンマイが巻かれ、時を刻み続けていました。』

自動巻きのものは中々のお値段がしますが、クォーツはまだそこまでには至っておらず手が出しやすいレンジ。

この時計の大きな特徴は大きなソード型の時針では無いでしょうか。ベンツ針や矢印の形状が多い中で、この形はインパクトがあります。

 

ケースサイズは42mmですが、リューズガードまで計測した際の値ですので実際にはベゼル径の40mmぐらいのサイズ感です。

同じ42mmのセイコーの7548ダイバーより小さく感じます。

ガラスにスレこそあるものの、全体的なコンディションも非常に良く、ヴィンテージダイバーの1本目として非常におすすめの時計です。

 

オーバーホール済み。オーバーホール時に電池交換済み、各部のパッキン交換済みです。

6ヶ月保証となります。

 

店頭や自社ECでも同時に販売している商品のため定休日等で在庫反映が遅れ、ご注文が確定した後でも商品が完売していることがございます。何卒ご了承下さいませ。

 

-Specifications

Brand: CITIZEN
Model: Crystron 150m Diver
Ref: 4-732308TA
Year: 1980
Movement: Quartz Cal.7548
Case: 42mm (Without Crown)
Material: Stainless Steel
Lug Width: 20mm
Includes: Wind Velocity Rubber Strap

CATEGORY